派遣サイトのメリット

派遣サイトを使うとたくさんの企業にアプローチが可能

複数の企業にエントリーできる

気に入った企業が数社ある場合、複数の企業にエントリーをしても問題ありません。気に入った企業が数社あるけど、なかなか1社に決まらないということはよくあります。こんな場合、かけもちでエントリーしてもいいものか?と悩むことだと思います。

自分の生活のかかった仕事を探すわけですから慎重になって当たり前ですね。もちろん、複数の企業へエントリーすることは問題ありません。むしろ、複数の企業にエントリーし、もっとも自分の条件に近い企業に絞っていくべきです。

また、そのほうが、早く派遣先が見つけられる可能性も高くなるでしょう。複数の企業へエントリーすることで、不利になるということはまずありません。だからといって、希望する勤務地や、勤務の可能な曜日などがバラバラになってしまわないよう、自分で書きとめるなどして管理することは忘れないで下さい。

まとまりもなく、ゴチャゴチャ多くなりすぎたら、かえって絞りにくくなってしまいます。あらかじめ自分のゆずれない希望は、キッチリと書き出しておくことが必要です。

どちらにもエントリー可能

派遣サイトでは、派遣される職場と、派遣会社自体と、どちらにもエントリーができます。

働く場所と派遣会社の双方にエントリーができる仕組みになっているということは、あなたが働きたいと思った派遣会社にエントリーするのもよし、あなたが働きたい思った派遣会社にエントリーするのもよし、ということです。

仕事に対する希望条件でさがすことができます

派遣サイトに掲載されている求人を見たとき、人によって選ぶ条件が異なります。「自分の力を活かせる職場」と答える人もいれば、「通勤できる範囲」「企業の規模」などさまざまです。

これを求人情報誌で探すことになると、分厚い情報誌1冊の中から仮に5社あったとしても、調べ終わるまで1時間以上費やしてしまうでしょう。

しかし、派遣サイトであれば、自分の希望をひとつずつ検索していけば、求人情報誌1冊分くらいなら1~2分でチェックできてしまうでしょう。

スカウトメール・紹介予定派遣がある

スカウトメール

スカウトメールとは、自分の資格・キャリアを登録しておくことで、そのスキルを必要とする企業からオファーを待つという仕組みです。中途採用の転職サイトでは、非常に人気のある機能のひとつです。

紹介予定派遣

派遣先の企業に直接雇用されることを予定したうえで、一定の期間、派遣スタッフとして勤務し、派遣期間終了時に、派遣スタッフと派遣企業の双方が望んだとき、派遣先の社員になるというシステムです。派遣で勤務している人のうち、70%前後のひとが、「近い将来、正社員として働きたい」と思っています。人材派遣を利用している企業では「本当に良い人材であれば、派遣ではなくて直接雇用したい」と思っています。これらの双方にメリットのあるシステムです。

  • 期間を決めて働きたい
  • 色んな職場でスキルアップしたい
  • 色々試して、自分に合った職種を決めていきたい
  • 正社員は無理でもアルバイト以上の収入を得たい
  • 実力を認められたら正社員として働きたい

というように考えている方には、人材派遣が向いています。そして、人材派遣の仕事情報は、日々変動しています。非常にスピーディーです。求人誌の発効日には既に決定しているという事も少なくありません。

より早く、希望の仕事へ就くためには、何件かの人材派遣サイトに登録することが近道となります。派遣サイトも増えてきましたので、初心者のあなたは、派遣サイト選びにも悩まれると思います。

検索は、いろいろ試してみましょう

派遣会社の経験のある人は、企業を選ぶ前に、気に入った派遣会社を選んで、その派遣会社が窓口になった職場で仕事を見つけるという人が増えているようです。

派遣社員として仕事をしていると、派遣会社の人のフォローや対応によって仕事をしていく環境がよくも悪くもなるということがあります。派遣会社の社員(あなたの面倒を見てくれる人)から見ると、派遣先の社員はお客さまでもあります。

派遣先の社員にペコペコするばかりの担当者もいれば、あなたの不満や希望を派遣先にうまつ伝えてくれる担当者もいます。この場合は、サイトの検索機能で明確になるわけではありませんので、実際に登録に行ったときあなたの目と耳で判断することになります。

不安に思っていることは、出来る限りたくさん質問して、担当者の対応をじっくり観察しましょう。