派遣からのステップアップ

派遣社員で雇われても実務レベルが上がればステップアップが可能

派遣社員としてはたらく

派遣で働く特徴を考え、どうすれば得をするか考えてみましょう。あなたが派遣を選ぶ理由のひとつに、アルバイトより時給が高いということがあると思います。

働いてもらう企業にとっても、普通にアルバイトで働く人を雇うよりも高い費用を払うことになりますので、より仕事のできる人を求めますし、仮に特殊な技能や特技を持ち合わせた人にたいしては、より高い費用を払ってでも探そうとします。

この相場というものは、派遣サイトを見ているだけで、ハッキリとわかります。従って、派遣会社の担当者と面接をするときは、「あなたにできる実務」を細かく聞かれることになります。派遣会社の人から見れば、高く売れる機能をさぐるという作業になるわけです。

たとえば、パソコンの場合、一言で「エクセルを使える」と言っても、実務レベルは人によって大きく違います。エクセルの場合であれば、「関数を使った集計や検索、ピポットテーブルでのクロス計算が得意です」というように、具体的にアピールすることをオススメします。

派遣社員はとくにスキルアップが大切です

派遣で勤務する場合、自分ができる実務を増やしていく努力や姿勢が必要です。そして応募する際は、あなたにできる実務をイメージしながら、エントリーの際も、実際に派遣会社に出向いて登録をする際も、ハッキリとそれを伝えるべきです。

また、あなたが「できる実務」が増えたと実感した場合は、それを速やかに派遣会社につたえるようにしましょう。スキルが上がることによって、もっと良い条件の派遣先を紹介してくれるかもしれませんし、今の派遣先で、もっと高いレベルの仕事を任せてくれるかもしれません。

あなたが、この先ずっと派遣で勤務する場合でも、紹介予定派遣をねらって、ゆくゆくは社員を目指す場合でも、自分のスキルアップについては、貪欲を持ち続けて欲しいと思います。スキルアップを忘れずに、頑張ってください。