「エントリー」って何のこと?

就職サイトに良く出てくる「エントリー」とはどういう意味?

企業側に「興味がある」ということを意思表示すること

「エントリー」という言葉は、普段あまり使わないので分かりにくいと思います。一般的には、「ネット上で企業にアプローチをすること」を「エントリー」と呼んでいるケースが多いです。

具体的に説明しますと、特定の企業のエントリー用画面に、あなたの情報を入力し、送信することです。これは、企業への「アプローチ」となり、企業への「応募」とは若干違います。「エントリー」は、企業に対して「興味を持っている」という意思表示だけを行うことになります。それでは、「エントリー」を行うと、どのようになるかを説明させて頂きます。

まず、企業に対してあなたが興味があることが伝わります。エントリーの伝わった企業は、会社案内を送ったり、会社説明会の案内を出したり、時には面接の案内を送ったりと、今度は企業側からのアプローチが始まります。

なぜ、「エントリー」と呼んでいるかといいますと、最初にこれらの就職サイトを立ち上げたリクルート社が、「企業へのアプローチ」を「エントリー」と名づけたことがきっかけだったようです。

では、エントリーではどのような内容を入力するかを説明させていただきます。

応募もエントリーも、名前・メールアドレスなどの基本情報はもちろんですが、あなたの希望する勤務地や希望する職種などを入力していきます。サイトによって多少違いはありますが、資格や経歴などを入力する場合もあります。

つまり、電話で応募するときと同じ内容を、ネットを利用して企業に伝えるということです。メールアドレスを入力することで、企業側とのコミュニケーションを取る準備が出来ます。

一度入力した情報は、あなたの基本情報として保存されますので、一度済ませてしまえば、応募やエントリーを行うたびに入力する手間が省けて非常に便利です。