ベジタブルマイスター&フルーツマイスター

野菜・フルーツ業界で働きたい方に仕事や資格などを詳しく解説

ベジタブル&フルーツマイスターとは

ベジタブル&フルーツマイスターとは、野菜や果物の美味しさや知識を世の中に伝えるスペシャリストのこと。通称「野菜ソムリエ」と呼ばれています。

野菜や果物の栄養価や種類、保存方法、食べ方、歴史など、あらゆる角度から豊富な知識を持って、魅力を伝えていきます。また、マーケティングの知識と技術を身につけ、見やすくオリジナリティーあふれる売り場づくりや、消費者のために商品開発にもかかわったりします。

日本ベジタブル&フルーツマイスター協会では、ベジタブル&フルーツマイスターの資格講座・試験を実施しています。受講するには、はじめにジュニアマイスターコース講座を受講し、資格を取得することが第一歩です。受講資格は特にありません。

ジュニアマイスター資格取得者は、ベジタブル&フルーツマイスター講座に参加することができます。通信講座も実施しています。

ベジタブル&フルーツマイスター資格者の活躍の場は、店舗での野菜や果物のイベント参加や、レシピ開発、テレビや雑誌、料理教室、収穫体験ツアー、カルチャー講座の講師、メーカーのホームページへのコラム担当、産地のレポート作りなど様々です。

野菜ソムリエの社会的ニーズは高まっており、今後も活躍が期待されるでしょう。

資格名

ベジタブル&フルーツマイスター

分類

民間資格

受験資格

ジュニアベジタブル&フルーツマイスターの資格取得者

受験内容
1次試験:筆記試験
  1. 生産
  2. 品目
  3. 歴史と時事
  4. マーケティング
  5. ビジュアル・マーチャンダイジング
2次:口答試験
  • 青果物と健康(課題をもとにプレゼンテーション
3次試験
  • 面接
受験日

要お問い合わせ

受験料

155,400円

受験地

札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、仙台

合格率

約30%

問合せ先

野菜の知識を深める資格の取得|日本野菜ソムリエ協会

関連職業~フードスタイリスト~

フードスタイリストとは、テレビやコマーシャルでの演出において雑誌・広告・メニューの撮影や、料理食材をおいしそうに見せるために、道具や小物を揃え「食」スタイリングをする専門家です。

フードスタイリストは「見せる」ことに特化しているので、総合的なフードコーディネーターよりもさらに特化した仕事といえるでしょう。

春夏秋冬の季節や撮影のテーマに合わせて、食器や盛り付け、テーブルまわりのセッティングを考え、料理(商品)の魅力を最大限に引き出すためのスタイリングテクニックと豊かな発想力が必要とされます。

フードスタイリストは、食品メーカーの担当者やカメラマンなど、様々な業界の人たちと関わりながらコミュニケーションを取り、どう見せる事がその料理(商品)を魅力的に伝えることができるのか?それを的確に汲み取り表現できるコミュニケーション力が必要とされます。

「きれいでおしゃれな仕事」「かっこいい世界」と思っている方がほとんどですが、実際の仕事はかなり過酷です。

撮影があれば時間や曜日など関係無く、連日早朝や深夜、徹夜になることも多く、何週間も休み無しなんて事も多々あり365日、24時間労働といっても過言ではなく、地味で、頭も体も重労働の大変な仕事です。

しかしながら、そのような過酷な仕事であるからこそ、達成感や充実感は人一倍でしょう。また、自分の仕事が、テレビや雑誌などに掲載されたときの喜びは計り知れないものと思います。